まちじゅうみんなで「コト体験」

ぐんまHHC

ぐんまHHCは
地域のみなさまと「自立した健康」
について共に学ぶコミュニティ・カレッジです。

様々な事情により「生きづらさ」
を抱えた方達が、医療に頼るだけでなく、
自分自身と向き合い、社会と関わりながら
「学ぶことで健康になる」ことを目的に、
ワークショップやセミナー、講演会を行なっています。

私たちは医療の枠組みを超え
教育や福祉、行政セクターと連携し、
地域の皆さんが心も身体も人間的にも
健康になれるような社会を目指しています。

NPO法人 ぐんまHolistic Health College 代表
さやかクリニック院長
関根 沙耶花

そらのほし農園

そらのほし農園 は、群馬県太田市の住宅地の中にある農園です。

無農薬・無化学肥料でお米や季節の野菜、果物、その加工品などを生産しています。

過去、現在、未来、心を大切にするという基本方針のもと、稲の手植え、手刈り、天日干しをはじめ手作業を尊重し、地域との交流を重視し、シンプルな農的暮らしを提案しています。

園主:星野雅範(夢:老農になること)

稲刈り体験レポート 2017年10月8日(日) Experience Report

稲刈りコト体験

 

稲刈りAM7:30

dotline4

爽やかな秋晴れの朝、

私たちスタッフは新井町にある、星野家の「そら庵」に集合しました。

これからおやつにいただく、おむすびのお米をかまどで炊きます。

稲刈りコト体験6660

稲刈りコト体験6654

 

今回は畑で採れたお米を部付き米にして黒米、赤米、緑米を混ぜてもらいました。

稲刈りコト体験6671

稲刈りコト体験6672

 

手慣れた様子で火を起こし、薪をくべる星野氏。

パチパチという音とともにスモーキーな薪の匂いが
「そら庵」いっぱいに広がります。

稲刈りコト体験6679

 

炊き上がるまで待つこと約40分。

釜をあげると甘い香りの湯気がふわっと立ち込めツヤツヤのお米が炊き上がりました。

ほんのり桜色です。

稲刈りコト体験6683

稲刈りコト体験6685

 

熱々のお米を栄養士の柏瀬さんが手際よく結びます。(以下柏瀬ママと呼びます)

ギュッギュッと軽やかにリズムカルに。

どんどん桶に並んでいきます。

稲刈りコト体験6687

稲刈りコト体験6695

 

柏瀬ママは🍙のことを 「おにぎり」でなく、あえて「おむすび」と呼びます。

ママは言います。

「おむすびは手と手を合わせて
お塩で「ご縁」を結ぶもの。まさに手塩にかけて
子供を育てるのと同じなの」と。

お母さんが我が子の為に結んだ
「おむすび」には神様が宿るんですって。
おむすびってものすごいパワーフード!

稲刈りコト体験6698

 

あっという間にお米の味を最大限に引き出した、
シンプルな「塩むすび」の出来上がりです。

この桶を持っていざ畑へ!

稲刈りコト体験6701

 

稲刈りAM9:00

dotline4

参加者さんたちが田んぼに集まり始めました。

自己紹介が終わると、みんな一斉に田んぼに出ます。

稲刈りコト体験6731

稲刈りコト体験6709

稲刈りコト体験6716

 

前日の雨で田んぼの土がぬかるんでいたため、足元がふらつく人や尻餅をついてしまう人!

初めての釜の使い方に戸惑う小学生、心配そうなお父さんの姿も。

最初はみんな慣れない手つきでした。

稲刈りコト体験6738

稲刈りコト体験6749

稲刈りコト体験6741

稲刈りコト体験6743

 

途中、星野氏から自然農のことや
昔ながらの農作業について説明を受けました。
(星野氏のレクチャーはとてもわかりやすい!)

稲刈りコト体験6751

 

メモ「稲束積み上げ法」

そらのほし農園では伝統的な方法で稲を天日干しします。

こちらは太田周辺地域特有の方式。

現在この方法を継承しているのは(確認するかぎり)そらのほし農園だけだそう。

稲刈りコト体験

 

再び作業に取り組む皆さん。最初よりずっと要領よく進んでいます。

子供達も楽しそう。そろそろお楽しみのおやつタイムです!

 

稲刈りコト体験6756

稲刈りコト体験6765

稲刈りコト体験6750

稲刈りコト体験6753

 

稲刈りAM10:30

dotline4

おやつタイム

田んぼのすぐ前の畑に移動。

子供達が畑でとった枝豆を茹でます。

畑の草の香りと青々したと匂いがいっそう食欲をそそります。

稲刈りコト体験6810

稲刈りコト体験6794

稲刈りコト体験6813

 

みんなで輪になっておむすびを頂きながら、柏瀬ママより「食べること」についてお話してもらいました。(柏瀬ママは現役の栄養士さんなのです)

稲刈りコト体験6814

稲刈りコト体験6819

稲刈りコト体験6826

稲刈りコト体験6823

🍙 🍙 🍙 今日のおむすびの素材 🍙 🍙 🍙

メモ「玄米」

「玄米」畑の稲は黄金色の「籾殻(もみがら)」がついています。「玄米」はこの「籾殻(もみがら)」を取り除いたもので植物繊維やミネラルがたっぷりの「胚芽」や「糠」が含まれていいます。

※玄米を全て削り、中の白い部分を出したものが「精製米」です。(普段スーパーで売っているものです。)

メモ「部付米」

部付米とは玄米を○部の割合で残し、精製したもの。

薄い茶色です。通常、3部付、5部付、7部付のように割合を指定して精製してもらいます。

数字が少ないほど玄米に近く濃い茶色です。

※今回は食べやすさも考慮して、7部付きにして頂きました。

メモ

黒米・・・ 含まれる栄養価”アントシアニン”
強い抗酸化作用。
老化防止 視力増強 肝機能強化に。
赤米・・・ 含まれる栄養価”タンニン”
便秘解消 疲労回復 コレステロール低下に。
緑米・・・ 含まれる栄養価”クロロフィル”
造血作用 血液浄化作用 貧血予防に。

 

天然塩・・・ 海水を天日で乾燥するなど、昔ながらの製法によって作られた塩。天然のミネラル成分が多く含まれる。多少取りすぎても身体からちゃんと排出される為、心配ないそう。(身体の排泄機能が整っていることが基本となります)

熱心にメモをとるお母さんもいらっしゃいました。

安心で安全な食べ物=美味しくてありがたい

ということをみんなで共有できた、楽しいおやつタイムでした。

稲刈りコト体験6821

稲刈りコト体験6832

稲刈りコト体験6828

稲刈りAM11:00

dotline4

さてここからもうひと仕事。

お腹と心が満たされた後は、集中力が増して、さらに作業がはかどります。

しんとした田んぼにガサガサと 稲を刈る音だけが響き、まるでみんなが「一心同体」に。

 

子供達のはしゃぐ声は柔らかに聞こえるBGMのよう。

 

田んぼ全体が神聖なスペースと化していました。

 

まるで稲の神様がそこにいらっしゃるかのような不思議な時間でした。

稲刈りコト体験6846

稲刈りコト体験6851

稲刈りコト体験6842

稲刈りコト体験6859

稲刈りコト体験6862

 

稲刈りAM 11:40

dotline4

作業終了

汗だくになりながらも作業を続ける人や

「まだ遊びたい~」という子ども達の声も。

名残惜しくも、参加者皆さんの感想をお聞きして解散になりました。

また来年もぜひ一緒に作業しましょう!!

稲刈りコト体験6868

 

体験後の感想

作業に集中できて、頭が空っぽになった。
心もクリアーになりストレス発散になった。

子供達が泥んこになったり、虫や植物に触れたりして自然を満喫し、のびのびしていた。

土や稲の感触が気持ちよく、元気をいっぱいもらった。

思ったより全身を使ったので 短時間で良い運動になった。改めてお百姓さんの大変さを知った。

おやつのおむすびが天然塩だけと聞いてびっくりした。素材が良いとシンプルでもこんなに美味しいんだと感激した。

太田市の街なかで、昔ながらの自然農が存続されている事は貴重だと思う。市民や他の地域の人にももっと知って欲しい。

 

解散後は田んぼの中の直売所「そらぼし屋」さんで農産物のお買い物。

※「そらぼし屋」さんはイベント時のみオープンしています。

稲刈りコト体験6876

稲刈りコト体験6880

とんぼ番外編

dotline1

そらのほし農園で出会った生き物たち

農園では、こんな生き物たちに出会えます。ぜひ出かけてみてください。

  • 稲刈りコト体験
  • 稲刈りコト体験
  • 稲刈りコト体験
  • 稲刈りコト体験
  • 稲刈りコト体験
  • 稲刈りコト体験
  • 稲刈りコト体験
  • 稲刈りコト体験
  • 稲刈りコト体験
  • 稲刈りコト体験
  • 稲刈りコト体験
  • 稲刈りコト体験